コラム一覧

住宅を購入するタイミングはいつがいいの?

現在、長期間の低金利対策によって、住宅ローンから撤去や縮小する大手銀行があり、融資や審査がこれまで以上に厳しくなることが予想されています。このような状況の中で住宅を購入する場合、どのようなタイミングが良いでしょう。

低金利だと総支払額が少なくて済む

住宅ローンを利用する際、借入金額に対する利息が発生するのですが、低金利であれば総支払額が少なくなります。また、変動金利型を利用している場合でも、今後の社会情勢から低金利状態がしばらく続く見込みと考えられるため、大きな影響を受けにくいと言われています。

従って、低金利状態である現在は、住宅ローンの借り入れがしやすく、金利の影響だけを考慮すると、住宅の買い時であるともいえるでしょう。

フラット35の利用

フラット35は、住宅ローンを利用する際に、民間の金融機関から住宅金融支援機構が、ローンの裏付けとして資金調達する仕組みとなっています。融資金利や融資手数料などは、各金融機関によって異なりますが、ほぼ1%台の金利で借り入れできるケースが多いです。

また、新規で借入する場合は、全期間固定金利よりも低い金利で利用できることもあり、万が一、金利が上昇した時のリスクに強く、この制度を利用することで住宅購入しやすくなるでしょう。

ライフスタイルの変化の影響

低金利が続いている今だからこそ、住宅を購入しようと考えている人は多いのではないでしょうか?しかし、家族の転勤や子供の成長に合わせて住宅を購入するタイミングはさまざまでしょう。

また、転職によって収入面が不安定になることも考えられるため、低金利ということだけにとらわれるのではなく、自分や家族にとって適切なタイミングを考慮することが重要だと言えます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧