コラム一覧

住宅購入時に必要な書類とは?

住宅購入を決めてから、引き渡しまでさまざまな手続きがあり、その都度必要な書類は違ってきますので紹介します。

購入申し込み時に必要な書類

住みたい家が決まったら申し込みをします。その際には、購入申込書に記載することになります。新築分譲の場合、申込金を支払うこともあります。

購入申込書

購入の意思を表すもので、買付証明書といわれることもあります。不動産会社で準備されます。購入希望者の氏名や住所などの個人情報からマンション、部屋のタイプなど希望条件など必要事項を書きます。

本人確認書類

運転免許証、健康保険証、パスポートなどが必要です。

住宅ローン事前審査時に必要な書類

住宅ローンを借りるために、本人確認書類、収入証明書、物件に関する情報を金融機関に提出し、事前審査を受けることになります。用意する書類は金融機関により異なるので、事前に確認しておきましょう。

事前審査申込書

所定の用紙に個人情報、借入金額などを記載します。

本人確認書類

運転免許証、健康保険証、パスポートなどが必要です。

※借入本人と連帯保証人、担保保証提供者それぞれ必要)

収入証明書類

・給与所得者:源泉徴収票

個人事業主、確定申告者:確定申告書・同付表

法人代表者:法人の決算報告書

物件に関する書類

物件概要書、間取図、土地公図の写しなどの用意がいります。

ほかに借り入れがある場合

借入中の償還予定表もしくは残高証明書が必要になります。

売買契約時に必要な書類

売買契約は不動産会社で行われます。売買契約書、重要事項は用意されているので、しっかりと読みましょう。署名と捺印が必要です。印鑑(実印)、手付金や仲介手数料の半金なども事前に用意しておきましょう。

本人確認書類

運転免許証、保険証、パスポートなどの用意がいります。

住宅ローン申し込み時に書類

事前審査に通った後、信用会社による本審査が行われます。さらに詳しい所得関係の書類が必要です。

借入申込書

所定の用紙に個人情報、借入金額を記載します。

団体信用生命保険申込兼告知書

団体信用生命保険の申し込み及び、健康状態について記載します。

本人確認書類

収入確認書類

住民票

同居家族全員の続柄が記載してあるもの。

発行後3か月以内のもの。

印鑑証明書

借入本人、連帯保証人、担保提供者、それぞれ必要になります。発行後3か月以内。

他に借り入れがある場合

借入中ローンの返済予定表、返済が確認できる通帳

物件に関する書類

売買契約の写し、重要事項説明書の写し、建築確認済証、登記事項証明書、物件概要書、間取図、土地公図の写しなど。

住宅ローン契約時に必要な書類

申し込み後に審査に通ったら、ローンの契約書を交わします。

住宅ローン契約書

借入本人、連帯保証人、担保提供者がそれぞれ署名、捺印します。

抵当権設定契約書

借入本人、連帯保証人、担保提供者が捺印します。

住民票

印鑑証明書

引き渡し、残金決済時に必要な書類

代金や仲介手数料の残り、登記費用を支払い、引き渡しを受けます。その際、登記申請のための書類が必要です

住民票

印鑑証明書

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧