コラム一覧

中古不動産ってお得なの?メリット・デメリット紹介します!!

中古不動産は、新築不動産より安い価格で購入できることから、購入を考えている方は多くいるのではないでしょうか?

そこで中古不動産のメリット・デメリットを紹介したいと思います。

中古不動産のメリット

中古不動産は大きく分けて以下のようなメリットがあります。

初期費用が安く抑えられる

中古不動産の最も大きなメリットとして初期費用が安く抑えられることでしょう。

中古マンションの場合は、築年数の浅い物件であっても、新築物件の7~8割前後の価格で購入することができます。

個人売主が多く、消費税がかからない物件が多い

新築不動産の場合、一般的にはディベロッパーが売主になり直接販売されることが多いです。ディベロッパーは課税事業主でなるため、不動産の本体価格とは別に消費税が加算されることになります。

中古不動産の場合、売主は個人が多くなります。売主が個人の場合は非課税になりますので、表記した価格がそのまま購入価格になります。

日当たりなど物件の状態を確認することができる

一般的には、新築不動産は完成される前に分譲が終わってしまうことが多く、間取りなどの図面を確認するのと不動産会社の担当者の説明などで判断して購入を決められてしまうことがほとんどです。

一方、中古不動産の場合は、物件の設備・日当たりなどの状況を直接確認することができます。これは中古不動産の1つのメリットとして挙げられます。

周辺・近隣の状況を確認することができる

新築不動産の場合、近隣にどんな方が住むなどの情報は、実際に住んでみないとわかりません。

しかし、中古不動産の場合、物件下見の際に売主に確認することができます。例えば、騒音がすごい、近隣トラブルが発生したなどの情報をしっかり聞き入れた上で購入の判断ができます。

中古不動産のデメリット

中古不動産には大きく分けて以下のデメリットがあります。

担保力が低い

中古不動産は新築不動産と比較すると、金融機関にとって担保力が低いとされていて、融資額は物件の評価価格の70%前後になることが多いです。古ローンでの融資が難しく、ある程度の自己資金が必要になります。

物件の間取りや設備が古く感じられる可能性アリ

新築物件は常に物件の住み心地や設備の使い勝手を追求し、建築時は最新の間取りや設備を取り入れることになりますが、少し築年数が古い中古物件は、間取りや設備が古く感じられる可能性があります。

築年数が古い場合は耐震性の心配がある

築年数の古い物件は、耐震性などが危ういというイメージがあります。

日本は1981年に「新耐震基準」が実施され、1981年6月以降建築された物件は新耐震基準を満たしているといえるでしょう。したがって、中古不動産を選ぶ際に新耐震基準を満たした物件を購入することによって耐震性などのリスクを回避することができるといえるでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧