再建築不可物件
  • HOME
  • 再建築不可物件買い取ります。

再建築不可物件買い取ります。

再建築不可とは

 

既存の建築物の中で、法律上建て替えや増改築のできないもののことを言います。

多くの理由として、接道義務を満たしてないことが理由としてあげられます。

 

接道義務って何?

家を建てる時には建築基準法による様々な制約があり、好きな場所に自由に建てられるわけではありません。

接道義務がその制約の中の1つでもあります。

原則として、建築基準法で定められた幅4m以上の道路に2m以上接した道路でなければいけません。

これは、火災や地震などの際がが起きたときの避難経路、消防車や救急車が通れる経路の確保が目的とされています。

 

 

例えば、図1のように土地が道路につながっておらず、他の人の土地を通らせて出入りしている家。
改築は可能である場合が多いが、一度更地にして新築することはできません。

そして、図2のように道路から奥まっていて、路地状の土地が道路に接している旗竿型の土地。
道路に接していても路地状部分の幅が2m未満の場合は、新しく家を建てることができない。

路地部分に隣接している土地の一部を買い取る、または借りるなどの方法で、接道義務をクリアして建てられる場合もあります。

 

再建築不可物件の悩み

再建築不可物件は、いくら立地が良くても買い手がいないというのが現状です。

その理由はまず、金融機関から資産価値を認めてもらえず、住宅ローンを適用してもらえないことがあります。

ただし、条件によっては想定以上の価格で売却できる可能性があります。

代表的なのが・・・

『交通の便などの立地がいい』

『近隣地域の賃貸需要が高い』

『隣接した土地に空き地が出る可能性がある』

などといった理由があげられます。

 

これらの条件を見極めるには、豊富な情報量が必要となってきます。

注意したいのが不動産は、所有しているだけで固定資産税がかかってきます。

また、物件によっては掃除の負担もかかる物もあるかと思います。

このことが原因で家族や親戚とトラブルになることもあります。

それらの課題を考えると、価格にこだわらずに早めに手放すことをおすすめします。

 

当社でお悩み解決しませんか?

当社で再建築不可物件買い取ります!

☆他社で断られた方もお気軽にお問い合わせください。

☆使ってないのに固定資産税だけ支払っている

☆買い取り価格が低すぎる

などお悩みの方、当社にお任せください。

 

 境界線非明示OK

 残留物も処分します

 現状有姿で買取します

 高値で買取します

 

お電話でのお問合せはこちら


03-6419-7881

受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)
お気軽にお問合せください。

ご相談

親切、丁寧な対応を心がけております。上記のようなご相談はもちろん、
疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。

最近の記事