借地・底地に関するトラブルを解決!

不動産トラブルに関するものは様々ありますが、その中でも借地・底地に関するものが多数あります。

そこで、「借地・底地に関するトラブルの問題と解決」についてご紹介します。

借地と底地の違いは?

「借地」とは、建物の所有を目的とした地上権、貸借権のある土地。

この土地の有する権利は借地権と呼ばれ、借地借家法の適用があります。

「底地」とは、完全なる土地の所有する権利の中から借地権を除いた権利を有する土地。

この権利は底地権と呼ばれます。

借地権が自分の建物を得ることを目的とするのに対して、底地権は借地権利者から地代をもらうための権利です。

底地は地主、借地は借地権者に帰属するということです。

 

機能上の違いは?

借地は借地権者が地主から借りた土地であるために、その土地本来の地価より安く買うことができます。

※不動産を借りていることはそこにかかる税金は底地人が負担。

しかし、借地権の譲渡や売却には底地人より承諾を得なければなりません。

また、借地上の家の増築や改築を行う際にも底地人の承諾が必要です。

このように、借地は借地権者の自由を損なう可能性があり、地主との問題につながります。

 

借地権・底地権に関するトラブルとは?

不動産投資をする場合、借地権の住宅を購入する場合、不動産を相続した場合など様々な場面で

トラブルが発生します。

典型トラブルは主に3つ

▼立ち退きに関するトラブル

▼賃料に関するトラブル

▼更新に関するトラブル

 

借地・底地トラブルの相談・解決

当社でも多数のトラブルを解決してきました。

いくつか解決事例をご紹介します。

▼解決事例1

【更新に関するトラブル】

更新時期が近くなり、資金的にも厳しかったため、

地主と協力し、底地・借地の一括で売却。

 

▼解決事例2

【借地の処分のご相談】

借地の処分に困っておられご相談を受け、

弊社にて地主より底地を買い受け、底地・借地を一括で売却。

 

▼解決事例3

【建て替えについてのご相談】

建て替えをしたいという要望したところ、地主の承諾が得られないとご相談を受けました。

スポンサーの力を借りて借地非訟手続きにて裁判所より承諾に代わる許可を取得。

建築資金もスポンサーから協力を得て、無事に建て替え。

 

▼解決事例4

【借地の有効活用のご相談】

地主と協力し、それぞれの借地と底地の一部を交換。

ともに所有権になり、元借地所有者だった方は、所有権として売却。

その後投資用不動産投資用不動産を取得。

※内容によっては弁護士や司法書士、家屋調査士をご紹介させていただきます。

*買取も積極的に行っています。

お電話でのお問合せはこちら


03-6419-7881

受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)
お気軽にお問合せください。

ご相談

親切、丁寧な対応を心がけております。上記のようなご相談はもちろん、
疑問や悩み事など、なんなりとご相談ください。