コラム一覧

不動産の処分ってどうやるの?

不動産によっては需要が低くて売買が成立しなかったり、自治体に寄付を断られてしまう場合があります。処分が難しい不動産は、不動産買取業者にまかせてしまった方が話が早い場合もあります。

古家付き土地、更地

古家が立っている場合や更地の場合には、安ければ売れるでしょう。田舎の土地に古家がある場合には、売主や所有者の負担で解体してから更地渡しが一般的です。

建物がまだ十分に利用可能であれば現況渡しで売買することができます。

売主としても現況私として売買できれば、解体費用などを出す必要がなく、手取り金額が多くなります。

農地や畑

農家で高齢化している人も多く、売りたい方は増えています。現況が農地であれば、簡単に売買できません。

農地を売買するために、原則、条件を満たしtが上で農業委員会の許可を受ける必要があります。

地目が畑で、現況が宅地になっている場合は多いです。市街化地域であれば、地目を宅地変更にして売買は可能です。

市街化調整区域の場合

市街化調整おは都市計画区域で市街化を抑制すべきくいきとされています。原則としては、住宅を建築することは認められていません。市街化調整区域内でも、建て替えができるかどうかは自治体の許可基準や条件次第となります。

東京23区内」では、河川敷を除いて、市街化市街化区域となっています。ただ、他県では市街化調整区域や非線引き都市計画区域が多いです。

市街化調整区域の土地が売却できるかどうかは、不動産業者に相談が必要となります。

難あり物件の場合

田舎の土地で、駐車場が作れない土地(間口が狭い)や建て替えが難しい土地(再建築不可)、がけ地、傾斜地などの土地となると、購入希望者も現れません。

難あり物件の場合には、不動産買取業者に直接依頼したほうがはやく契約・決済ができるため、楽に処分できます。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧