コラム一覧

不動産売却と仲介の違いとは?

不動産の売却方法には「買取」と「仲介」の2種類があります。

買取

売却したい物件を不動産会社に買い取ってもらうことを言います。

メリットとして、買い手を探す必要がないため、金額面で折り合いがつけばすぐに売却が可能となります。住み替えや資金計画が立てやすくなります。また、直接の売買のため仲介手数料が不要です。物件の広告が出されることもないので、ご近所に知られることはないでしょう。

※直接の売買ではなく買取企業を紹介してもらう場合には、手数料が発生することがあります。

不動産会社はその物件を、そのままリフォームするなどして転売するのです。販売するための広告費や税金、そのほかの利益を見込むため、買取金額は相場より低めに設定されることが多いみたいです。ただ築年数の経過や物件の状態によって仲介での売却が難しい場合、買い替えで売却を急ぐ場合などは、買取を選択する方法もあるかと思います。

仲介

仲介は、不動産会社に物件の買い手を探してもらう方法です。

不動産会社は売主の希望金額に基づき独自のネットワークや広告などを利用して購入者を探すため、買取に比べると高額で売れる点がメリットになります。不動産会社を交わす媒介契約によっては、情報を広く公開しないで売却することも可能です。

ただすぐに買い手が見つかるとは限りません。なかなか売却できない場合には、その都度価格や条件などを見直し、広告などをしなくてはなりません。時間がかかっても希望に近い金額でなるべく高く売りたいなら、仲介を選んだほうがいいでしょう。買い手が見つかった場合は仲介手数料を支払います。

不動産会社によっては、一定期間内に売却できなかったときに事前に約束した価格で買い取ってくれる「買取保証サービス」を設けているところもあります。利用するには、物件や契約内容に規定があることが多いので、確認しておきましょう。

買取・仲介のメリット・デメリットとは?

買取

【メリット】

金銭面で折り合えばすぐに売却可能⇒現金化が早い

仲介手数料不要

近所に知られずに売却可能

【デメリット】

仲介よりも売却額が安い

仲介

【メリット】

買取よりも高額で売却できる

【デメリット】

売却までに時間がかかることがある

仲介手数料がかかる

 

どちらにするかお困りの場合は、複数の不動産会社に査定依頼して比較し検討してみては?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧