コラム一覧

不動産売却の「買取」と「仲介」の違いって?

「買取」と「仲介」とは・・・

ここでまず覚えておきたいのが、誰に不動産を売るのかということです。

「買取」の場合

不動産買取を専門とした企業や不動産会社が、あなたの物件を直接買い取るので、買主は不動産会社になります。

「仲介」の場合

仲介業者を使ってあなたが欲しがっているエンドユーザーを探しますので、買主は1個人になります。

「買取」と「仲介」でまず書いての違いがあるので、それに伴い、メリット・デメリットが生じます。

今回は「買取」について説明していきます!

買取には「即時買取」と「買取保証」の2種類がある!?

実は買取にも「即時買取」と「買取保証」の2種類があります。

即時買取とは、不動産会社が即時で買い取ってもらうことです。

対して、買取保証はある一定の期間を設けて、それでも売れなければ買取会社が買取という方法です。

その期間中に不動産会社は売却活動を行えるので、即時買取に比べて少し高く売れる可能性が出てきます。

どちらにしても、不動産会社が買い取ってもらうことには変わりありませんが、「買取保証」のほうが売却活動期間がある分、少し高めに売れるということです。

▶即時買取:不動産会社が即時で買い取ってくれる分、買取価格が安くなる

▶買取保証:ある一定の期間を設けて売却活動を行う分、即時買取よりも買取価格が高くなる

不動産売却は「買取」と「仲介」どちらが多いのか?

不動産の売却では、ほとんど仲介を選択される方がほとんどです。

そのわけは、そもそも「買取」をできる資金がある不動産会社が少ないためです。

「買取」は不動産会社自身がお金を出して買取を行うため、資金に余裕がある会社でないとできません。

また、売主側の立場で考えても、買取は仲介に比べて売却価格が安くなる傾向がありますので、仲介を選択される方が多いということです。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧