コラム一覧

~中古物件のリフォームをするときの流れ~

中古物件の購入にはリフォームがつきものです。古くなっている部分を新しいものに交換したり、自分好みの空間になるように設備を新しくしたりします。しかし、リフォームは何度も経験するわけではありません。何からしていけばよいのかなど疑問に思っているかと思います。そこで、リフォームをする際の流れを紹介していきます。

リフォームの流れ

①リフォーム依頼の下準備

リフォームをする際に金額が決まっている方がほとんどかと思いますので、そこでリフォームの目的を明確にしておきましょう。何のためにリフォームをするのか、最低限ここはリフォームするなどはきちんと決めておきましょう。また、リフォーム会社には、ショールームやカタログがあると思いますので、それらも参考にしてみると良いでしょう。

②相談・見積もり

イメージがある程度決まったら、リフォーム会社に相談しましょう。リフォームのイメージを伝え、見積もりを出してもらいましょう。

③現地調査

リフォーム会社が見積もりを出すためには、実際に建物の状態を見る必要があります。そこで、予定を調整して、家の調査・採寸など行います。

④リフォームプランの提案・見積もりの提示

現地調査で建物の状態を確認したうえで、さらにリフォームしたい場所があれば依頼してください。この際に見積もりも提示してもらえます。

⑤契約

リフォーム会社が提案してくれたプランを参考にし、リフォームしたい部分を伝えてください。納得したうえで契約します。

⑥着工前打ち合わせ・現場確認

着工前に、リフォームを実際に行う職人さんと、工事内容について打ち合わせをしたり、工事の予定を決めたりします。

⑦ご近所へ挨拶

リフォーム中は騒音となってしまうことがあります。例えば、古いキッチンやユニットバスの解体作業の時には注意が必要です。騒音によりご近所トラブルを避けるためリフォーム前に挨拶しておくといいでしょう。

⑧着工・工事

ここまで済んだら着工・工事に移ります。部分リフォームであれば1日~数週間。大規模なリフォームになると1ヵ月以上かかることもあります。

⑨完工

工事が終了し、ハウスクリーニングが入ったら完了検査です。完了検査では、設計図通りになっているかしっかりチェックしましょう。設計図を持ち、実際と照らし合わせ1つ1つ丁寧にみていきましょう。

⑩引き渡し

検査が終わったら、引き渡しです。引き渡しの際には工事完了確認書やアフターフォロー保証についての書類も渡されます。内容確認をし、問題がなければ捺印します。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧