コラム一覧

登記事項証明書って何?

登記事項証明書ってどんなもの?

2008年に全国の登記簿記録がコンピューター化され、登記記録をコンピューターからプリントアウトして認証したものを登記事項証明書として交付しています。登記簿謄本のなかには縦書きで、かつ、筆の手書きで記入されていた箇所もあり大変読みづらいものもあったのですが、コンピューター化によりすべてが活字になり、そして横書きになり大変読みやすくなりました。

そして、登記簿謄本はその不動産の管轄でしか取得できなかったのですが、オンライン化により現在では全国の登記事項証明書をどの法務局においても交付を受けられるようになりました。例えば、東京都渋谷区の不動産の登記事項証明書を北海道・札幌法務局で取得も可能なのです。

不動産における登記事項証明書の種類

登記記録がコンピューター化されたことにより、下記のようにいろいろな登記事項証明書が発行されるようになりました。

◎全部事項証明書・・・登記記録に記録されている事項の全部

◎一部事項証明書・・・権利部の相当区に記録されている事項のうち請求に係る部分

◎閉鎖事項証明書・・・閉鎖された登記記録 など

登記事項証明書の取得方法とは?

登記事項証明書の取得は法務局に対して行わなければならず、その不動産の所在・地番などがわからないと取得できません。例えば「この住所の土地の登記事項証明書」が必要であれば、事前にその不動産の管轄法務局へ「地番」の確認が必要になります。電話で「住所・所有権を持つ人の名前」を伝えれば「地番」を教えてもらえます。

登記事項証明書の取得は以下の3通りがあります。

①オンラインの請求で登記事項証明書を法務局の窓口によって受け取る場合は1通につき手数料480円

②オンラインの請求で登記事項証明書を送付によって受け取る場合は1通につき手数料500円

③国の法務局等の窓口において「登記事項証明書交付申請書用紙」に必要事項を記入して窓口に申請をする場合は1通につき手数料600円

オンラインでの請求は法務省のHPから確認ができます。

法務局の所在・管轄については法務局のHPにて確認可能です。

登記情報提供サービスが便利!

登記の内容を確認するだけであれば、登記情報提供サービスの利用が便利です。このサービスを利用すれば、登記所が保有する登記情報をインターネットを利用して、パソコンの画面上で確認することができます。

料金も全部事項で335円、地図・図面で365円と窓口で請求するよりもリーズナブルです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧